考察

考察

タイムカードにはタイムカードの良さがある。勤怠管理システムへの移行を妨げる要因と対策。

勤怠管理システムKINPIRA CLOUDもですが、勤怠管理システムの宣伝文句の常套句として、『まだ紙のタイムカード使ってるの?勤怠管理システムに乗り換えなよ。』的な煽り文句があります。 紙よりデジタルのほうが便利だろうというのは、...
考察

日本で勤怠管理システムを導入している企業はどれくらいあるのか?

KINPIRA CLOUDを含め、数多くの勤怠管理システムが存在しますが、実際に勤怠管理システムを導入している企業はどれくらいあるのでしょうか。 日本の企業数はどれくらい? 総務省統計局のデータによると、平成28年基準で日本に...
考察

#取引先にもリモートワークを

「#取引先にもリモートワークを」というアクションに賛同しています。 本当にいいこと言ってますね、さすがfreeeさん。 昨今のコロナ渦によるリモートワークブームで多くの企業が「なんだ、リモートワークでもイケるじゃん」と...
考察

みなし残業制度の廃止を強く求める件

現在、日本では14.2%の企業がみなし残業制度(=みなし労働時間制=固定残業代制度)を採用しているそうです。(厚生労働省 平成31年就労条件総合調査 結果の概況 より) よく求人票などで見かける 月給25万円(20時間分のみな...
考察

コロナショックが真の働き方改革を実現させる

もはや死語となってしまったプレミアムフライデーはさておいても、長時間労働の解消などを目的とする働き方改革一つを見ても、多くの企業(特に中小企業)で実際に従業員が本当に働きやすくなったかというと疑問が残るのではないでしょうか。 皮肉な...
機能

労働基準法の休憩時間について考える(フレックスタイム制の編)

前回の労働基準法の休憩時間について考える(6時間勤務休憩なしの編)に続き、今回はフレックスタイム制の場合のお話です。 昨今の働き方改革によって様々な取り組みが行われる中、フレックスタイム制を導入する企業もどんどん増えているのではない...
考察

労働基準法の休憩時間について考える(6時間勤務休憩なしの編)

第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。 労働基準法では上記のように定められています。 平たく言...
機能

テレワーク時代のWeb打刻システムを考える

「勤怠管理をピッとラクに。」KINPIRA CLOUDは、その名の通りリリース当初はWeb打刻機能を備えていませんでした。 オフィスに設置されたスマホにICカードで「ピッ」とラクに打刻できることを特徴としていたわけですが、突然の新型...
タイトルとURLをコピーしました