考察

考察

勤怠管理システム導入における従業員側のメリットとは?本当はデメリットのほうが多い?

KINPIRA CLOUDを含め、多くの勤怠管理システムの宣伝では、勤怠管理システムを導入することで紙のタイムカードと比べ、いかに勤務時間の集計が楽になるかを訴求することが多いです。 何一つ間違ってはいませんが、実際に日々の打刻を行...
考察

紙のタイムカードから勤怠管理システムへスムーズに移行できる方法とは?

紙のタイムカードの良いところは、何といってもその「使いやすさ」にあります。 仕事の業種や職種にもよりますが、勤怠管理システムの導入に伴っていきなり「勤怠管理システムにアカウント登録するように」とか「スマホに指定のアプリをインストール...
考察

無料の勤怠管理システムの実力とは?勤怠管理システムは無料版で十分なのか

働き方改革関連法の施行やコロナ禍によるテレワークブームで、世の企業は従業員の勤怠管理を正しく行う必要性が強まったことで、勤怠管理システムの需要が高まり、KINPIRA CLOUDを含め、多くの勤怠管理システムが登場している昨今です。 ...
考察

労働時間が6時間1分の場合、45分の休憩時間分の賃金が引かれてしまう?

タイムカードの打刻が1分過ぎてしまったから、45分の休憩分の給料を引かれた。6時間以上の勤務には45分の休憩を取らなくてはいけないという法律があるからって言われました。休憩を取ってないのに、給料だけ引かれるのっておかしくないですか⁉︎Tw...
考察

なぜ勤怠管理を正しく行う必要があるのか。勤怠管理の目的とは?

勤怠管理システムを導入していない企業はブラック企業である可能性が高い。でも述べましたが、勤怠管理を行う理由は、給与計算を正しく行うためです。 ですが、実際には、「従業員の労働時間の把握が義務化されているから」とか、「労働時間から誰が...
考察

勤怠管理システムを導入していない企業はブラック企業である可能性が高い?

なんとまあ、挑発的なタイトルですが、勤怠管理システムを導入していない企業はブラック企業である可能性が高いと言えます。 勤怠管理システムが必要な理由 勤怠管理システムが必要な理由は、従業員の勤怠記録を正しく集計するためです。 ...
考察

勤怠管理システムを導入していない事業所が多いただ一つの理由

勤怠管理システムを導入していない事業所が多いただ一つの理由は、ズバリ「そんなに困ってないから」と言えます。 KINPIRA CLOUD含め、無料で使える勤怠管理システムも数多くある中で、システム導入を検討すらしていない理由としては、...
考察

タイムカードにはタイムカードの良さがある。勤怠管理システムへの移行を妨げる要因と対策。

勤怠管理システムKINPIRA CLOUDもですが、勤怠管理システムの宣伝文句の常套句として、『まだ紙のタイムカード使ってるの?勤怠管理システムに乗り換えなよ。』的な煽り文句があります。 紙よりデジタルのほうが便利だろうというのは、...
考察

日本で勤怠管理システムを導入している企業はどれくらいあるのか?

KINPIRA CLOUDを含め、数多くの勤怠管理システムが存在しますが、実際に勤怠管理システムを導入している企業はどれくらいあるのでしょうか。 日本の企業数はどれくらい? 総務省統計局のデータによると、平成28年基準で日本に...
考察

#取引先にもリモートワークを

「#取引先にもリモートワークを」というアクションに賛同しています。 本当にいいこと言ってますね、さすがfreeeさん。 昨今のコロナ渦によるリモートワークブームで多くの企業が「なんだ、リモートワークでもイケるじゃん」と...
タイトルとURLをコピーしました