KINPIRA CLOUDの給与計算機能について

無料勤怠管理システムKINPIRA CLOUDでは、勤務実績に応じた給与計算を行うことができます。

給与は、基本給と諸手当、控除で構成されますが、KINPIRA CLOUDで計算できるのは基本給+残業手当といった勤怠に関わる支給額です。

賃金割増率を設定

まず最初に賃金割増率の設定を行います。

賃金割増率とは、時間外残業や深夜労働、休日労働の種類によって、賃金を上乗せして支払うように労働基準法で定められた料率のことです。

例えば、次のようなものです。

  • 法定外残業:1.25倍以上
  • 月に60時間を超える法定外残業:1.5倍以上(2023年4月からは中小企業にも適用)
  • 深夜労働:1.25倍以上
  • 法定休日労働:1.35倍以上

これらの料率を設定するためには、KINPIRA CLOUDのダッシュボードから【設定】を選択します。

【賃金割増率】を確認します。

デフォルトでは、

  • 法定内残業:1.00倍
  • 法定外残業:1.25倍
  • 月60時間超過残業:1.50倍
  • 深夜労働:1.25倍
  • 法定休日労働:1.35倍

このように設定されています。

【変更】をクリックすることで各項目の料率を変更することが可能です。

料率の設定が済んだら、次はスタッフの登録情報に賃金情報を追加します。

時給制スタッフ(アルバイト)の場合

時給制スタッフ(アルバイト)の場合は、時給を登録するだけです。

スタッフ追加、または、スタッフの登録情報変更画面で【1時間あたりの基礎賃金】に時給の金額を入力します。

これにより、スタッフ情報画面では次のように表示されます。(事前に勤務形態を設定しておく必要があります)

月給制スタッフ(社員)の場合(固定残業手当なし)

月給制スタッフ(社員)の場合は、【1時間あたりの基礎賃金】に加え、【基本給】を入力します。

1時間あたりの基礎賃金=月給÷(1年間の所定労働時間÷12ヶ月)

これにより、登録済みの【基本給】がそのまま表示されるようになります。(残業手当は時給制スタッフと同様の計算式で計算されます)

月給制スタッフ(社員)の場合(固定残業手当あり)

固定残業制度(みなし残業)が適用される場合は、【固定残業手当】を入力します。

この場合、【勤務形態】では【1ヶ月の固定残業時間】が設定されている必要があります。

これにより、次のように表示されます。

このケースでは、法定外残業時間36時間15分に対して30時間分の固定残業分が差し引かれ、固定残業分は固定残業手当(50,000円)として支給され、残りの6時間15分の残業代が法定外残業の超過残業分(11,719円)として支給されることになります。

まとめ

基本給+残業手当を算出することで、給与計算ソフトやエクセルなどで他の手当や控除額などを加え、給与計算を行うことができるようになります。

例えば、Microsoftでダウンロードできる給与管理表(明細書付き)のエクセルテンプレートを使用する場合は、【基本給】には基本給の金額を、【時間外手当】には固定残業手当+超過残業手当の金額を入力することで給与計算と明細書の作成ができるようになります。

また、【月次管理】メニューから勤怠データをCSV出力し、給与計算ソフトへ取り込むことも可能です。(2020年9月現在は、人事労務freeeのみ対応)

コメント

  1. […] 逆に言うと、勤怠管理システム側で残業代の計算ができれば、給与計算ソフトを使うことなく、簡単なエクセルだけでも給与計算は楽にできます。(参考:KINPIRA CLOUDの給与計算機能について) […]

タイトルとURLをコピーしました