機能

勤怠管理システムの打刻まるめ機能について考える。KINPIRA CLOUDの打刻まるめ機能とは?

多くの勤怠管理システムには打刻まるめ機能が用意されています。 固定時間制の勤務形態の場合、始業時刻と終業時刻が定められており、例えば、9:00〜18:00勤務の場合、ピッタリ9:00と18:00に出勤と退勤の打刻ができれば良いのです...
機能

KINPIRA CLOUDでスタッフアカウント登録からWeb打刻までの手順

無料勤怠管理システムKINPIRA CLOUD上でスタッフのアカウント登録→Web打刻→勤怠確認までの流れを説明します。 アカウント登録 事業所の管理者がスタッフ登録を行ってスタッフを招待すると、スタッフの登録メールアドレス宛...
その他

勤怠管理システムの導入で打刻忘れが増えた!?その理由と対策とは?

紙のタイムカードで勤怠管理を行う事業所の場合、スタッフが入退室時に必ず通る出入り口付近にタイムレコーダーを設置することで、出退勤時、または休憩時などに打刻忘れを防ぐ効果があります。 ところが、勤怠管理システムを導入したことで集計が楽...
考察

紙のタイムカードから勤怠管理システムへスムーズに移行できる方法とは?

紙のタイムカードの良いところは、何といってもその「使いやすさ」にあります。 仕事の業種や職種にもよりますが、勤怠管理システムの導入に伴っていきなり「勤怠管理システムにアカウント登録するように」とか「スマホに指定のアプリをインストール...
機能

クラウド勤怠管理システムを無料で使う場合の機能比較表

数多くの勤怠管理システムが乱立する昨今、利用料金【無料】にこだわって製品選びをした場合、製品ごとの機能の違いについて比較表でまとめてみました。 ほどんどの製品が機能制限や人数制限のある【無料プラン】と、それ以外の【有料プラン】を提供...
考察

無料の勤怠管理システムの実力とは?勤怠管理システムは無料版で十分なのか

働き方改革関連法の施行やコロナ禍によるテレワークブームで、世の企業は従業員の勤怠管理を正しく行う必要性が強まったことで、勤怠管理システムの需要が高まり、KINPIRA CLOUDを含め、多くの勤怠管理システムが登場している昨今です。 ...
機能

無料勤怠管理システムKINPIRA CLOUDのテレワークに最適な3つの機能

という、露骨にSEOを意識したタイトルになってしまいましたが、ご一読いただければ幸いです。 ブラウザー打刻機能 殆どのクラウド勤怠管理システムはブラウザー打刻機能を備えているので、特段自慢できるものではありませんが、もちろんK...
機能

スタッフ同士で情報が見られる。KINPIRA CLOUDのスタッフ閲覧/検索機能とは?

勤怠管理システムKINPIRA CLOUDの最も大きな特徴は、スタッフ同士でお互いの公開情報が閲覧できるという点です。 組織の中でスタッフ数が増えれば増えるほど、同じ部署でもない限りお互いの名前や所属、連絡先などはどんどんわ...
考察

労働時間が6時間1分の場合、45分の休憩時間分の賃金が引かれてしまう?

タイムカードの打刻が1分過ぎてしまったから、45分の休憩分の給料を引かれた。6時間以上の勤務には45分の休憩を取らなくてはいけないという法律があるからって言われました。休憩を取ってないのに、給料だけ引かれるのっておかしくないですか⁉︎Tw...
考察

なぜ勤怠管理を正しく行う必要があるのか。勤怠管理の目的とは?

勤怠管理システムを導入していない企業はブラック企業である可能性が高い。でも述べましたが、勤怠管理を行う理由は、給与計算を正しく行うためです。 ですが、実際には、「従業員の労働時間の把握が義務化されているから」とか、「労働時間から誰が...
タイトルとURLをコピーしました